高貴なお方も恋したい。ノーブルに萌える貴族・伯爵BL

高貴なお方も恋したい。ノーブルに萌える貴族・伯爵BL

クラシカルな作品が楽しめる貴族・伯爵BL

今ではほとんどなくなってしまった身分の貴族・伯爵。
そんな貴族・伯爵が活躍する物語は、中世や平安などのクラシカルな時代ものがほとんどです。また、日本に身分制度があった戦前、戦中などを取り扱うことも多く、現代とは違った空気を楽しむことができます。

身分差、主従にときめく貴族・伯爵BLの魅力

身分が高く、権力も大きい貴族や伯爵の周囲には、さまざまな思惑を持った者たちがいるものです。社交界での駆け引きや権力争いをしている彼らにとって、忠実な執事やお世話係との関係は特別。その絆が、ときには恋になることも。

「主の命令だから」とあくまで一線を引き続ける執事や、主の孤独に触れて公私の区別なく尽くすお世話係との恋。「主と従僕」「男同士」などいくつもの秘密をはらんだ恋は、留まるところを知らずに加熱していきます。高貴な身分につきものの主従関係は、どちらが攻めでも甘美なもの。命じられる冷静に主を抱く執事攻めも、無邪気なお世話係を猫かわいがりするほのぼの主攻めもイイ!

主従の間に、悪友のような信頼関係が生まれるパターンもあり、そんなコンビの掛け合いは見ているだけで楽しいもの。息の合った2人の間に訪れるハプニングも、軽いものから深刻なものまでさまざま。
独特な世界観の中で、ほのぼのからギャグ、シリアスまで楽しめるのが、貴族・伯爵BLの魅力です。

貴族・伯爵で人気作品紹介!

「キスの時間です、ご主人様」 如月精華/著 (無料立ち読みあり)

キスの時間です、ご主人様双子の兄のセスになりすまし、領主であるカザール伯爵に仕えることになったイオ。人間不信の伯爵は、屋敷で自堕落な生活を送っていた。そんな生活に入り込んだイオに、最初は冷たかった伯爵もしだいに笑顔を見せてくれるようになる。伯爵との距離が縮まるにつれ、イオは自分が伯爵を騙しているのではないかと思うようになり……。

庶民の息子であるイオが、道端で見初められた双子の兄であるセスに変わって伯爵に仕えるというドキドキのシチュエーションです。要領よく立ち回れるセスは、伯爵の元に行きたくないと反発し、父と兄に負い目のあるイオを身代わりとして送り込みます。しかし、イオの無邪気さは伯爵に良い影響を与え、伯爵は少しずつ笑顔を取り戻します。番外編として、セスが逆にイオと入れ替わるという短編も収録。伯爵は入れ替わったセスに気づくのでしょうか?

「針のかたなと御器のふね」日の出ハイム/著 (無料立ち読みあり)

針のかたなと御器のふねある夫婦の悲願の末に生まれた子どもは、人の手のひらに乗ってしまうほど小さい。その子どもは兵九朗と名付けられ夫婦に慈しまれたが、ある日、兵九朗は家を出ることに。針の刀を差し、お椀の船に乗って、兵九朗はきらびやかな都にたどり着く。出世を目論み、京の貴族である琴平の守護役となるが、琴平はどうにも喰えない男で……。

有名な昔話「一寸法師」を下敷きに綴られる平安貴族BLです。主人公の兵九朗は、普段は小さな体ですが、月の光の元でだけは立派な青年になることができます。月夜の夜、兵九朗は父親に「家を出るのだ」と命じられ、一路都を目指すことに。向上心の強い兵九朗ですが、都のぼんぼん貴族を騙すつもりが反対に騙されて、からかわれてしまいます。飄々とした貴族の琴平と、一本気だけど世間知らずの兵九朗の掛け合いや交流が兄弟のようで、身分の差を感じさせません。攻めと受けがくっつくまでの過程を楽しめる、甘酸っぱい一冊です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加