ずっと一緒で、ずっと大好き。愛しの幼なじみ

ずっと一緒で、ずっと大好き。愛しの幼なじみ

友だちよりも固い絆、幼なじみBLとは?

昔からずっと一緒だった幼なじみは、家族の次に近い存在。ずっと同じ学校に通うこともあれば、ある日、離れ離れになることもあります。 昔からずっとそばにいるからって、恋なんてしないはずなのに……そんな戸惑いと、高鳴る胸の音の間で揺れ動く切なさが楽しめるのが、幼なじみBLの魅力です。

親友のはずなのに……幼なじみBLの魅力

家が近所で、小さいころからずっと一緒に遊んでいた。そんな幼なじみは、どんな友だちよりも大切な無二の親友です。どちらかが気持ちの変化に気付くまでは……。

女子にモテる幼なじみを見て、なぜか胸が焦げるような気持ちになってしまったり、成長とともに変わっていく幼なじみに歯がゆさを感じたりと、小さなことをきっかけに気持ちはくるりと変化します。幼なじみで、親友なのに、どうして気になるんだろう。昔から同じ部屋で着替えるのは当たり前なのに、どうして恥ずかしいんだろう。ぎこちない態度を見破られないか心配になり、ますますぎくしゃくしてしまう。ううっ、甘酸っぱい!

キャラクターの年齢がいくつであっても、幼なじみBLにはどこか甘い青春を感じます。大人になった幼なじみ同士の恋は、一度、離れ離れになった期間があるとますますもどかしくて、応援したくなっちゃいます! BLの中でも、ストーリーの胸キュン度が高いのが幼なじみというジャンルです。家族愛にも近い友情と、恋の間で振り回される様子は、少女漫画も顔負けの甘酸っぱさ。同級生幼なじみだけでなく、歳の差幼なじみや社会人幼なじみなど、さまざまな属性があり、どの幼なじみも萌えポイントでいっぱいです。

青春まっしぐら! 幼なじみで人気作品紹介

「いじわるしないで、やさしくぎゅっと。」  中井/著 (無料立ち読みあり)

いじわるしないで、やさしくぎゅっと。引っ込み思案で口下手、仕事先でも馴染めずいる一斗。そんな一斗に少しでも対人スキルを身につけさせようと、幼なじみである拓海は休暇を利用して、一斗に店の手伝いをさせることにした。接客用語はカミカミ、危なっかしい動きばかりの一斗から目が離せない! そんな一斗があまりにかわいくて、拓海は……!?

表紙に描かれているフランクフルトが意味深すぎて、妄想が広がりますよね。人見知りでカミカミ、接客業にはおよそ不向きな一斗。あまりのできない子っぷりに愛おしさが加速してしまったらしく、拓海は休憩時間に……!
「いやいやお仕事中に何を!」とツッコむ隙もないくらい、拓海の溺愛ぶりがすごいです。拓海に対しても言葉少ない一斗が、強引な拓海に押されに押されて真っ赤になっちゃうのも見どころ。

「いちごが好きでもあかならとまれ。」 雁須磨子/著 (無料立ち読みあり)

いちごが好きでもあかならとまれ。同じマンションの隣の部屋同士、小さいころから何かと一緒だった明美と千紘。幼なじみの図々しさから、千紘は明美の家で好き放題。そんな千紘を容認してきた明美だが、ある日、千紘への「好き」という気持ちが種類を変えたことに気付き……。

気心知れて近い存在になっている2人が、少しずつ距離を縮めていく様子が、甘酸っぱさの極みです。明美の気持ちに全く気づかない千紘は、これまでと同じように抱きついたり同じベッドで寝ようとしたりしますが、いつもと同じはずの行動をいちいち意識してしまって明美の心臓は爆発寸前。
自分と違って大きくて男らしい千紘の体にドキドキしてしまって、顔が真っ赤な明美がかわいくて仕方ありません。不器用に、まっすぐに、思いを伝えようとする2人のほんわかストーリーに、胸キュンすること間違いなしです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加