才能が紡ぐことばに恋をした。作家BL

才能が紡ぐことばに恋をした。作家BL

少女漫画家から官能小説家まで!

ボーイズラブ作品で多く出てくる職業といえば、作家。 作家といっても、小説家や漫画、ライター、絵描きなど、そのバリエーションはさまざま。ジャンルも、推理小説家や風景画家といったものから、意外なところで少女漫画家、さらには官能小説家まで。

お相手の職業も、担当編集者やアシスタントなどお仕事関係が多いですが、お手伝いさんや作品のモデル、たまたま出会った学生や本屋の店員などバリエーション豊か。時代設定も、パソコンを使いこなす現代から原稿用紙にしたためる明治・大正時代まで遡れ、色んなパターンを楽しめます。

作家の萌えポイント

基本的に自由業である作家は、ずっと自宅に引きこもっていたり、作品の題材探しにあちこちに出かけたりと、とにかく生活が不規則。お相手が学生でもサラリーマンでも、生活スタイルを合わせることができるという点が強みでもあります。昼型の生活を送るお相手と夜型の生活を送る作家がすれ違い、なかなか出会えないというもどかしさを演出できることも。

会社や組織に縛られない作家の性格は偏屈であったり、人嫌いであったりとマイペースな変わり者が多く、お相手は振り回されることも。ただ、芸術家ならではの繊細な一面もあったりして、そういったギャップが魅力でもあります。逆に、感受性が豊かな作家が不思議な雰囲気を持つ人物と出会い、どんどん惹かれていって、生活や創作スタイルを乱される、といったパターンもあります。

己で世界を創り上げていく作家には、どこか不安定で不思議な空気がついて回ります。霧のように霞んで消えてしまいそうな幻想的な雰囲気は、作家という職業に欠かすことのできないポイントです。

作家が活躍する人気作品紹介!

「春川くんとユキ先生の腐男子事情。2」 相音きう/著 (無料立ち読みあり)

春川くんとユキ先生の腐男子事情。2漫画アシスタントの春川の恋人は、BL作家で実は男性の谷田ユキ先生。公私ともに仲良く過ごしていた2人だが、なかなか仕事の効率が上がらないユキ先生。そんな先生に春川が提案したのは、ゲームに負けたら原稿と同じようなお仕置きを行うというもので……!?

男らしい体格のBL作家のユキ先生に、BL好きの腐男子である春川はベタ惚れ。ユキ先生が好きで好きで仕方がないややヘタレな春川に、ユキ先生が翻弄されるのにきゅんとしてしまいます。ラブラブな2人が思う存分楽しめます!

「そして続きがあるのなら」  内田カヲル/著 (無料立ち読みあり)

そして続きがあるのなら漫画家になる夢を諦め、麻雀漫画誌の編集者となった坂口は、高校時代の後輩・藤代と再会する。藤代の描く漫画に衝撃を受け、漫画家になる夢を諦めた坂口は、漫画家としての才能に溢れた藤代が、描くのを辞めてコンビニのアルバイト店員になっていることが許せない。才能を無駄にしないためにも自分が勤める麻雀雑誌に漫画を描くように説得を始め……。

ひとりでは何もできないヘタレ全開な攻め・藤代と、男前な受け・坂口の関係がとてもおもしろいです。坂口に尻を叩かれながら再び漫画を描き始めた藤代の、漫画家としての評価がどうなっていくのかも気になるところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加